RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
意味のない倫理規定
 意味のない倫理規定

小林保寿元議員の逮捕、起訴、有罪判決を受け作られた政治倫理規定が「議会だより6月号」に記載されていました。

これは本当にひどい内容ですね。なぜなら、今もし仮に小林元議員の事件が起きたとしても今回の倫理規定では、審査会すら開かれないからです。審査会を開くためには、なんと8人の議員の請求が必要なのです。議員の総数は22人ですから、大きい会派の議員が疑わしいとしても会派をあげて守ろうとするでしょう。とにかく小林元議員の事件を受け作られた規定にもかかわらず、小林議員の事件を解明する審査会すら開けない内容では全く意味がないとしか言いようがありません。

こんな内容を承認した議会は自浄作用ゼロです。そして、とりまとめをした秋山議長(北杜クラブ)、内田副議長(公明党)、千野秀一議員(北杜クラブ)にはレッドカードです。
author:まりりん, category:解説・ウラ話など, 22:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:50
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://watagika.jugem.jp/trackback/115
ブログパーツUL5